ワキガじゃなくても汗はニオイの原因に!ふき取ることが大切だった!

ワキガのニオイは、自覚症状が遅く相手が鼻をつまむ動作で自覚が表れる人も少なくないです。ただし、過敏になってしまうとN.G.行動が増えてきてしまって、外出できない自臭症になってしまうこともあります。

誰でも汗はかいてしまうもの。ワキガじゃない人もワキ汗を放置するとニオイのもとになります。

ワキガや脇汗がニオイになるメカニズム

夏の暑い日はもちろん、冬も満員電車や室内の暖房で汗をかきます。そのまま放置すると雑菌が繁殖してニオイのもとになります。これがニオイになるメカニズムです。

放置しつづけると衣類の繊維に菌が入り、衣服もニオイのもとになります。

まずは汗を「拭きとる」ことが大切!

ワキガの人はもちろん、ワキガじゃない人も汗をかいて放置することで菌が繁殖してニオイになります。

解決法としては、まずは汗を拭きとることです。

汗の拭きとり方でも、注意点があり、

・かわいたタオルで拭く
ティッシュやタオルなどかわいたものだとふき取ることができず、臭いの成分は皮膚に残ります。臭いはそのままなので汗のにおいは取り去れません。

・制汗剤を上からふきかける
スプレー式の制汗剤を上からふきかけることも、一見するといいように思えますが、効果のないことです。汗をかいたらニオイのもとになる汗をふきとらないと意味がありません。汗をかいた上からスプレーをしても、ニオイ成分は残ってしまいます。

正しい汗の拭きとり方

もし、汗臭がする、ワキガのニオイが気になるのならデオドラントシートを持ち歩くのがおすすめです。

デオドラントシートとは……
ウェットシートのような汗を拭きとるためのシート製品。Ag(銀イオン)で汗の成分を殺菌する効果がある製品も登場しています。
香りは無香料のものもあるほか、石鹸の香りやクールタイプ、フローラルの大きなサイズもあり、男性用製品もあります。大判サイズもあり、広い面をふきとりしたい場合は大判サイズもおすすめです。

汗をかいたと思ったら、まずはふきとり。汗をふきとることできない足元は、靴下を持ち歩くなどして着がえることで対処するのがいいでしょう。

自臭症にならないためにも!

汗のニオイがひどいと自覚しすぎて外出できない自臭症もあるので、対策をまずはしてみることが重要です。

自臭症……
自分が回りから臭うと思われているんじゃないかと思う神経症。自己臭症や自己臭恐怖症とも呼ぶ。

ワキガの人なら、手術をしたり注射をすることでも対策ができます。まずはこまめに自己管理からが重要です。