ワキガのニオイが陰部から!すそわきがってどんな症状?対処法は?

ワキガのニオイが発生する場所は、ワキの部位だけじゃないことを知っていましたか?陰部からニオイのする「すそわきが」は女性を悩ませている症状です。

すそわきがとは?陰部でニオイがする症状

ワキガは脇からニオイがします。すそわきがは、陰部の周囲でワキガのようなニオイが発生していることです。

原因はいろいろありますが、ワキガの原因と同じく、エクリン腺やアポクリン腺の汗がバクテリアで分解されてワキガに似たニオイを発することです。アポクリン腺は、陰部のほか、耳や乳輪にも多くあり、ワキだけをケアしていればワキガ臭がしないわけではありません。

デリケートゾーンと呼ばれる陰部は、ワキガなのかどうかの判断が難しく、他におりもの、膣のニオイの可能性もあります。

ただし

おりもの……あまずっぱいニオイ
膣内……生臭いニオイ

すそわきがは、ワキガとほぼ同様のニオイで、鉛筆の芯のような臭いや納豆臭、香辛料に似た香りがします。体質によっても臭いが異なります。

すそわきがの対処法

ワキガと同じく石鹸を使うほか、デオドラント剤、香水を使って対処します。しかし、ニオイとニオイが合わさってしまうと強烈なニオイになってしまうことも多いです。

すそわきがは男性より女性で悩んでいる人が多く、対処法が見つからなくて落ち込む人も多いです。

すそわきがの治療法

すそわきがの大変な点は、治療法も痛みを伴うことです。治療法として一般的なものは、電気を通したニードルのような機械を毛穴に挿し、熱を流してアポクリン腺を破壊します。これを電気凝固法と言います。

電気凝固法は昔からあった治療法ですが、治療時間も長く、ワキよりも敏感な部位である陰部に電気を流すため、痛みを感じやすいです。痛さに耐えつづけなくてはいけません。処置をした部分は傷にもなります。

現在、美容皮膚科や皮膚科で取り入れられている治療法は、ミラドライと呼ばれる切らない治療法で痛みも少ないです。

ミラドライではレーザー脱毛のように照射をしていき、皮膚を切らなくても対処できるようにしています。治療時間も短く照射してすぐから普通の生活が送れます。手術と違い傷も残らないため、すそわきがで悩んでいる人への救世主になっています。

ワキガと同じようにすそわきがもVIOラインの脱毛をすることで、雑菌の繁殖を抑えることができニオイが軽減することもあります。おりものシートやデオドラント専用石鹸を使うことでも対処できることもあり、手術をする前に痛みが少ない方法を取り入れるのもいいでしょう。