ワキガのニオイは脱毛で軽減する?悪化する?

ワキガのニオイが気になっている人は、石鹸やボディソープ、制汗スプレーやデオドラントシートなど工夫しているはずです。ただ、日々のケアが本当に面倒。

ワキガのニオイがひどいと手術してしまうと楽と考える人もいます。ただ、手術はクリニックの技術も必要で、ある程度は傷としても残ってしまうため、できるだけ避けたいと最初のステップとして脱毛を選ぶこともあります。

脱毛をするとワキガのニオイは軽減されるのでしょうか。口コミを見ていると、悪化した、汗の量が多くなったといった声も聞かれました。ワキガのニオイは脱毛でよくなるのか、悪化するのかを徹底比較してみます。

脱毛の種類とワキガのニオイとの関係

結論から言うと、ワキガのニオイに悩まされているのなら、脱毛することで軽減する場合があります。ただし、全てのワキガの人のニオイが、脱毛によって軽くなるわけではないので注意したいところです。

脱毛には大きく分けて

・フラッシュ脱毛
・レーザー脱毛
・ニードル脱毛

があり、どれも毛根にダメージを与えてムダ毛の自己処理が不要になります。脱毛をすることで、むだ毛をなくすことでニオイを発生させないメカニズムにすることができます。

ワキ毛が多いと雑菌が繁殖しやすい環境のため、どうしてもニオイになってしまいます。ワキガじゃなくてもムダ毛が多いと熱もこもりやすくニオイがしてしまいます。

ワキガのニオイ対策で脱毛をしても悪化する理由

ワキガのニオイ対策として、脱毛をしても悪化する場合は、

・脱毛後の毛穴が開いている
・ワキに汚れがたまっている
・精神的に緊張すると汗の量が多くなることも

毛穴に汚れがある場合は皮膚科に行きます。また、ストレス環境にいるとワキの汗が多くなったりします。その場合は、汗のことは考えないようにするといいでしょう。

重度のワキガであれば、脱毛をしても効果がそこまでないこともあります。自己処理が不要になることは楽なので、エチケットとして取り入れてみるのもいいかもしれないですね。

ワキガ手術は大がかりのため痛みが伴いますが、脱毛は、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛だと、ゴムをはじくくらいの痛みで、保湿をしてくれるサロンもあります。ワキガ手術は傷あとが残ってしまうのでクリニック選びも重要ですが、脱毛は傷も残らず、ムダ毛を減らすこともできます。

毎日のワキケアが本当に面倒でニオイで悩んでいるのなら、脱毛をやってみることも検討してみましょう。