石鹸でワキガのニオイは治る?ワキガ用石鹸の成分でおすすめはこれ!

石鹸でワキガのニオイを根本的に治すことはできるのでしょうか。ワキガ専用製品として、ワキガ用ニオイ対策石鹸が多く売られています。

ただ、よく考えると、夜に身体を洗っても、寝ているうちに知らない間に汗をかいてしまい、起きると体臭がしているのではと考える人もいるのではないでしょうか。

また、ワキガ石鹸の効果や選ぶときにポイントとなる成分はどういったものがあるのでしょうか。

ワキガ石鹸はニオイ対策になる?

ワキガ用石鹸とは、殺菌作用のある製品で通常の製品よりもワキガのニオイ対策になるとも言われています。

石鹸を選ぶときに注意することは、

・保湿力が高い
乾燥がニオイ原因になるため、保湿力が高い製品を選ぶようにします。

・殺菌力があること
殺菌することで汗の臭いを軽減してくれます。

・泡立ちがいい
泡で皮脂汚れを落とすため、泡立ちのいいものを選びます。

・値段がお手頃
値段が安くないと続けられません。

また、人によっては敏感肌にも対応しているか、デリケートゾーンにも使えるかなども問題です。ただし、石鹸を使用して終わりではなく、衣類を清潔なものにし、汗をかいたらその都度拭くといったことも必要です。汗の量は個人差もあり、ワキガのニオイは石鹸を使っているから大丈夫と考えているのは間違いです。

ワキガ石鹸の成分で代表的なもの

ワキガの石鹸には有効成分が含まれています。その中で、殺菌成分があるもの、抗酸化力が高いものなどがあるため、成分を調べて購入してみることも重要です。

柿渋……
民間薬として使われてきた成分で、主成分はポリフェノール。カキタンニンを含み、悪臭のもとと化学結合して成分が変わります。そのため、体臭を消臭できるとされています。

微生物・ウイルスを寄せ付けない殺菌効果もあります。

緑茶……
緑茶の渋み、苦みがカテキンです。茶がらを掃除に使ったりすることで、昔からニオイ予防として使われてきた緑茶。酸化防止作用もあり、皮脂酸化を防いで体臭を予防します。殺菌効果もあります。

イソプロピルメチルフェノール……
わきが用石鹸として配合されていることが多い成分です。刺激がほとんどなく、かつ殺菌作用が高いため、敏感肌の人にも使ってもらいやすいです。ニキビケア商品にも多く取り入れられています。

お風呂には毎日入り、肌をキレイに保つことが大切です。強くこすることで皮膚が傷つきニオイのもとになるため、あくまでも泡で優しく洗うようにしましょう。